ニュースリリース

天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会 大会方式について(J2・J3各上位1チームが準々決勝から出場に変更)

2020.06.18(木)
 6月18日(木)に実施された公益財団法人 日本サッカー協会2020年度第7回理事会において、天皇杯 JFA第100回全日本サッカー選手権大会の大会方式が下記の通り決定しました。
 先般ご案内した通り、9月16日(水)に都道府県32チームによる1回戦が開幕。9月23日(水)の2回戦からアマチュアシード(Honda FC)、残りの都道府県代表15チームが出場します。J1チームは2020明治安田生命J1リーグ上位2チームが12月27日(日)に予定している準決勝から出場し、2021年1月1日(金・祝)に決勝を開催しますが、今回の理事会で承認された新たな大会方式では、2020明治安田生命J2・J3リーグより各上位1チームがそれぞれ準々決勝から出場して、計52チームによる8回戦のノックアウト方式で開催することに変更されましたので、お知らせいたします。




【下線部が変更箇所】【天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会 概要】

スケジュール:
 1回戦 9月16日(水) ※都道府県代表32チーム出場
 2回戦 9月23日(水) ※アマチュアシード、都道府県代表15チーム出場
 3回戦 10月28日(水)
 4回戦 12月12日(土)、13日(日)
 5回線 12月20日(日)
 準々決勝 12月23日(水) ※J2・J3リーグ 各1チーム出場
 準決勝 12月27日(日) ※J1リーグ 2チーム出場
 決勝 1月1日(金・祝)

大会方式:
 52チームによるノックアウト方式
 ・J1リーグ2チーム(2020明治安田生命J1リーグ成績上位2チーム/決定方法は検討中)
 ・J2・J3リーグ各1チーム(2020明治安田生命J2・J3リーグ成績上位各1チーム/
決定方法は検討中)
 ・アマチュアシード1チーム(Honda FC/JFL)
 ・都道府県代表47チーム(所属する第1種加盟チームで、Jクラブを含まない)

詳しくは日本サッカー協会公式HPよりご確認ください。