ヴァンフォーレ甲府

スローガン

toppage
2020/4/1より「アカデミーブログ」は終了し、アカデミーTwitterとして情報発信します!

ヴァンフォーレアカデミー(U-18~U-10)の情報をたくさんお伝えしていきますので、ぜひフォローお願いします!

アカデミーブログ

アカデミースタッフルーム(No.27)

2018.10.17(水)
こんにちは!
アカデミーコーチの山川です^▽^


最近、小学生や中学生の試合を観ていると、つい目が行ってしまうものがあります。

それは・・・「スパイク」です!!

最近のスパイクは赤やら白やら青やらピンクやらオレンジやら・・・とにかく色とりどり!!

僕が中学生の頃は、主に黒のスパイクが主体でした。

というか、スパイクは黒いものだと思っていました!

そこで、僕が履いたことのあるシューズを振り返ってみたいと思います。



中学生の頃は、ワゴンセールで売っていた3000円のスパイクを履いていました。
今の子どもたちはいくらのスパイクを履いているのでしょうか?

まず、中学生の頃で覚えているのでmizunoの「エストレーラ」というスパイクです。
photo
画像は当時のスパイクではありませんが、このようなスパイクの黒を履いていました。


次に覚えているのが、高校生の頃でしょうか。
「クエーサーカップ」というスパイクです。
photo
この頃、みんな白いスパイクを履きだした記憶があるようなないような・・・。
でも僕はまだ黒いスパイクだったと思います。


高校を卒業して、19歳から22歳まではあるメーカーのスパイクを履きました。
その頃は、黒×金やら白×赤やら・・・黒のスパイクではなくなってきました。

ヴァンフォーレに入ってからもそのメーカーを履き続けましたが、
ある時から足に合わなくなり始めました・・・。


そこで次に出会ったのが「スーパーソニックウエーブ」というスパイクです。
photo
ドリブラーに焦点を当てたスパイクです。
と言っても、僕はドリブラーではありません(^^;
では、なぜこのスパイクかって??

あるスポーツショップへ行った時の話・・・。
たまたまシュートのスピードコンテストがやっていて、
たまたまそこで居合わせたヴァンフォーレアカデミーの選手の家族にやってみてって言われ、
たまたまやってみたら1位をとってしまいました。
・・・すみませんでした。



そこからいろいろなメーカーのシューズを試しては履いて、足に合わず。

迷いに迷ってここ数年スクールで履いているのが、「イグニタス」「バサラ」「モナルシーダ」です。
photo
↑カンボジアで別れを告げました(;;)
photo
photo
↑今このトレーニングシューズを交互で履いています↓
photo
※スパイクの画像もありますが、スクールでは全てトレーニングシューズを履いています。

巡回サッカー教室等で、室内で教室を実施することもあります。
その時は室内用の「モレリア」を今は履いています。
photo


ドリブルやアジリティやボールタッチと言った、あるプレーに特化した
スパイクが出始め、僕がどうしても履きたいスパイクがありました。


・・・それは「キックに特化したスパイク」です!!!




履きたい履きたい!どうしても履きたい!!!

でも、フィット感やデザイン、メーカーなどを考えるとどれも・・・。

と思っていたら、ついに出会うことができました!!!


「イグニタス」!!
photo
オレンジといいシルバーといい色がかっこいい!!
さらに無回転も蹴れるというスパイク!
僕の中では、最高の1足!!! って思うとまた履きたいなぁ。



そして、また「イグニタス」!
photo

またまた「イグニタス」!!
photo
カラフルな黄色と緑です。
僕の好きな色を2色つかってありますので、お気に入りです(^^)


今履いているのが「レビュラ」です。
photo
ピンクのスパイクです(^^;
なかなか履き心地がよい1足です。



こうして振り返るだけで、楽しくなってきました。
帰りにスポーツショップでも寄って行こうかなぁ(^ω^)


次はこのスパイクを履こうと思っています。
photo
また「レビュラ」です。
原点回帰、黒いスパイクでサッカーを楽しんでいたあの頃に返ってみる・・・。




中学生の頃から振り返り、今に至りましたが何も話のオチもなく(・・;

デザインやメーカーもあると思いますが、やっぱり僕が一番大事にしたいのはフィット感です!!

足が痛くなってはせっかくのスパイクも台無しなので、慎重に試し履きはします。


~今回の教訓~
試し履きは大事!片足だけでなく両足履いてしっかり靴紐を結んで立ってみる。
購入したらグラウンドで履いて、サッカーを楽しむ!!



長々と最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
  • facebook
  • twitter
  • line