試合速報

2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第3節

試合開始日時 2015年07月19日(日)  19:04
天候
試合会場 Shonan BMW スタジアム平塚
ピッチ 全面良芝:乾燥
入場者数 12,144人
気温/湿度 28.6℃/70.0%
主審 榎本一慶 副審 伊東知哉
副審 渡辺智哉 第4の審判 山村将弘

9

湘南ベルマーレ

試合終了

0 0 前半 0 2
0 後半 2

27

ヴァンフォーレ甲府

得点
55分 バレー
64分 バレー
8 シュート 6
8 ゴールキック 6
3 コーナーキック 3
8 直接フリーキック 11
1 間接フリーキック 2
0 オフサイド 2
0 PK 1
位置 番号 選手 SH メンバー 位置 番号 選手 SH
GK 1 秋元 陽太 0 先発 GK 21 河田 晃兵 累積イエローカード 0
DF 3 遠藤 航 1 DF 41 土屋 征夫 0
DF 4 アンドレ バイア 1 DF 4 山本 英臣 0
DF 17 三竿 雄斗 0 DF 17 津田 琢磨 0
MF 14 藤田 征也 1 MF 28 橋爪 勇樹 1
MF 2 菊地 俊介 0 MF 6 マルキーニョス パラナ 0
MF 6 永木 亮太 0 MF 18 下田 北斗 1
MF 10 菊池 大介 0 MF 27 阿部 翔平 0
FW 19 大槻 周平 3 FW 23 稲垣 祥 2
FW 11 藤田 祥史 0 FW 9 阿部 拓馬 0
FW 23 高山 薫 0 FW 10 バレー 2
GK 25 イ ホスン 0 控え GK 1 荻 晃太 0
DF 20 坪井 慶介 0 DF 8 新井 涼平 0
DF 30 島村 毅 0 MF 24 松本 大輝 0
MF 5 古林 将太 0 MF 30 保坂 一成 0
MF 16 石川 俊輝 0 FW 14 堀米 勇輝 0
MF 48 武田 英二郎 0 FW 15 伊東 純也 0
FW 8 山田 直輝 2 FW 19 盛田 剛平 0
チョウ キジェ 監督 佐久間 悟
57分 藤田 祥史 → 島村 毅
63分 藤田 征也 → 山田 直輝
74分 菊池 大介 → 武田 英二郎
交代
74分 橋爪 勇樹 → 新井 涼平
80分 バレー → 盛田 剛平
82分 マルキーニョス パラナ → 保坂 一成
警告・退場

監督ハーフタイムコメント

「相手の前線の選手の動きに対して細かく対応すること!!」
「もう一回後半、目を覚まして戦うこと!!」
「切りかえを大切にすること!!」

試合終了後 監督記者会見

「圏央道が出来て、昨日移動してきましたが、あっという間に厚木まで着いて、近さがあったかもしれませんが多くのサポーターが足を運んでくれて、2ndステージは(開幕戦で)G大阪に負けて、(第2節)ホームでも勝点3をプレゼントできなかったので、その意味でも今日勝点3を取れたことは嬉しいです。

 サポーターと選手に感謝したいです。前半に関しては、ほぼほぼ湘南にペースを握られるような状態でした。(甲府の練習)グラウンドの状態があまりよくなくて、選手の心拍数を上げるようなトレーニングがあまりできずに、今日の前半は湿度と連戦の疲れを汗で出し切る、そういうようなコンディションだったとベンチで見ていました。

 もちろん、チョウ監督の作った湘南はJ2でダントツの成績で、コレクティブで攻守の切り替え、プレッシング、ドイツを代表するゲーゲンプレッシングをされています。厳しい前半でしたが、前半を0-0で終えることが出来たことが大きかったと思います。HT、相手のスリートップに引っ張られるシーンがあって、1人、2人捨ててこまめにラインコントロールをして、コンパクトな状態を作ることを話しました。

 最後、クロスが上がったとき、バレーには「プルアウェーをしてファーでプレーしなさい」と話していて、それを忠実にやってくれましたが、原理原則からやるなら1人ならニア、2人ならニアとミドル、3人ならニアとミドルとファーと、原理原則に基づいて後半はクロスがあったらニアに飛び込むことを言ったら、阿部翔平の素晴らしいクロスだったが、それが入って0-1になりました。

 今日の前半、あれだけ守り切れたので、1点を取れれば逃げ切れるんじゃないかという自信はありました。神様の恵みと言いますか、PKがあって決めることが出来ました。あとは守備のカードを切っていくだけで、0-2で無失点で終えようとしたゲームでした。

 3連戦が終わって、前半の内容を見ていると厳しいなあと、改めて運動量のところを考えさせられました。結果的に巻き返して頑張りました。湘南にも松本にも1stステージでリーグ戦とナビスコで敗れているので、次の松本にもホームで果敢に挑んでいきたいです。」


質疑応答

一昨日の練習で湘南の球際の強さ、切り替えの速さについて、負けないようにすることが大切な部分だと話していましたが、今日の90分の戦いを見てどういう印象ですか?

「前半に関しては残念ながら湘南に分があったかなあと思います。後半はウチの選手の方がぶつかった瞬間にピッチに立っている状況が多かったのかなあと。

 ミーティングでは湘南と戦う時にはファイティングポーズを取り続けることが重要で、前半あれだけやられても後半もう一度ファイティングポーズを取り直してやれたので、セカンドボールを拾われてもぶつかった後、比較的甲府の選手の方がピッチに立っていることが多かったと思います。」

試合総評

 

明治安田生命J1リーグ 2nd 第3節 『 湘南 0-2 甲府 』


前節から中3日で迎えた今節、対するは豊富な運動量を誇り、超攻撃的サッカーを展開する湘南ベルマーレだ。

湘南には、今シーズン、1stステージとナビスコ杯で2連敗を喫している甲府。同じ相手に3連敗は絶対に許されない。佐久間監督も選手達もそして甲府サポーターも強い気持ちで今節に臨んだ。

ただ、台風の影響で練習場のグランドコンディションは悪く、甲府は想定していた練習は満足に出来ていない。これは湘南もほぼ同様の状況。互いのコンディション不足は否めない。

今節、佐久間監督が最も警戒していたのは、戦術云々よりも湘南のチョウ・キジェ監督の采配だった。《ノータイムフットボール》をチームスローガンに掲げるチョウ監督。これは素速い動きで相手に判断の時間を与えない攻撃的なサッカーを展開する湘南のスタイル。

そんな湘南のスタイルに対して、佐久間監督は「真っ向勝負します。前回負けた相手には絶対に勝ちます。」と意気込む。

甲府のメンバーは前節、右ウイングバックに入った松橋選手が負傷にて欠場。代わりに佐久間監督も今節のキーマンに挙げる橋爪選手が先発に名を連ねた。また、CBには土屋選手が戦列に戻る。

対する湘南は3-4-2-1と甲府とシステムを同じくする。豊富な運動量で高い位置からボールを奪ってくるだけに、走り負けず、チャンスを作り、その決定機を確実に決めたい。

上位を狙うためにも勝利して上昇気流を掴みたい。2000名を超える甲府サポーターが駆け付けたアウェイ湘南で試合は始まった。

◆ ◇ ◆

ピックアップシーン

前半5分
左サイドの下田選手がクロスを上げる!!ペナルティエリア内で橋爪選手が競ってボールをキープし、右足でシュートを放つ!!しかしボールは惜しくもゴール左へ外れる。

前半16分
湘南の攻撃。左サイドの三竿選手からクロスが上がる。ゴール正面の大槻選手が頭で合わせるも、クロスバー直撃。ゴールならず。

前半26分
湘南の攻撃。左サイドの菊池選手がクロスを上げる。大槻選手がヘディングシュートを放つも、GK河田選手がキャッチ。

前半39分
土屋選手がオーバーラップし、右サイド深い位置からクロスを上げる!!しかし、ボールはエリア内のバレー選手の頭上を・・・・・。


※この続きは、VFK公式モバイルサイトの各試合『試合総評』メニュー(有料)をご覧ください。
 ご加入方法はこちらです。