ヴァンフォーレ日記

平成29年度 県立かえで支援学校交流会

2017.07.27(木)
 先日、山梨県立かえで支援学校にてトップチームの選手、スタッフ全員が参加し交流会を行いました。
 交流会も今年で17年目となり、かえで支援学校の小学部から高等部の児童、生徒と親交を深めました。

photo
 始めに元木校長先生より、かえで支援学校学校の特色、この交流会に対する思い、などのお話をいただきました。

photophotophotophotophotophotophotophoto
 交流会の前半は、小中学部は各教室、高等部は体育館に分かれて交流を行いました。

photophoto
 小学部の児童から歓迎の言葉を貰いました。一生懸命、心のこもった言葉で歓迎してくれました。

photophoto
 後半は、体育館にて全校児童、生徒と全体会を行いました。吉田監督、山本キャプテンの挨拶で会は始まりました。

photophotophoto
 実技披露の場面では、大卒3選手が音頭を取り、「超絶テクニック披露」と題し、リフティングやシュートの披露をしました。その後、数名に児童・生徒のみなさんにもシュートにチャレンジしてもらいました。

photophoto
 岡西選手会長より、プレゼントの贈呈を行いました。

photo
 また、かえで支援学校応援団による、応援パフォーマンスを披露してもらいました。全校児童、生徒が声の限りに応援をしてくれました。

photo
 最後は、かえで支援学校 校歌を合唱し交流会は終了となりました。

photophotophoto
 かえで支援学校からいただいた「熱いエネルギー」を大切にし、これからも頑張っていきます。

 素晴らしい交流会をありがとうございました。