試合速報

2017明治安田生命J1リーグ 第30節

試合開始日時 2017年10月21日(土)  14:03
天候
試合会場 キンチョウスタジアム
ピッチ 全面良芝:水含み
入場者数 9,438人
気温/湿度 17.2℃/90.0%
主審 上田益也 副審 前之園晴廣
副審 勝又弘樹 第4の審判 小椋 剛

16

セレッソ大阪

試合終了

2 1 前半 0 0
1 後半 0

27

ヴァンフォーレ甲府

5分 杉本 健勇
52分 杉本 健勇
得点
11 シュート 9
10 ゴールキック 10
3 コーナーキック 10
13 直接フリーキック 11
3 間接フリーキック 3
3 オフサイド 3
1 PK 0
位置 番号 選手 SH メンバー 位置 番号 選手 SH
GK 21 キム ジンヒョン 累積イエローカード 0 先発 GK 1 河田 晃兵 累積イエローカード 0
DF 2 松田 陸 累積イエローカード 2 DF 5 新里 亮 累積イエローカード 0
DF 14 丸橋 祐介 累積イエローカード 0 DF 2 島川 俊郎 0
DF 15 木本 恭生 累積イエローカード 0 DF 6 エデル リマ 1
DF 22 マテイ ヨニッチ 0 MF 22 小出 悠太 累積イエローカード 0
MF 6 ソウザ 累積イエローカード 2 MF 40 小椋 祥平 累積イエローカード 0
MF 10 山口 螢 累積イエローカード 0 MF 8 新井 涼平 累積イエローカード 0
MF 16 水沼 宏太 1 MF 27 阿部 翔平 累積イエローカード 1
MF 46 清武 弘嗣 累積イエローカード 0 MF 35 高野 遼 1
FW 8 柿谷 曜一朗 3 FW 39 リンス 2
FW 9 杉本 健勇 累積イエローカード 3 FW 10 ドゥドゥ 累積イエローカード 4
GK 27 丹野 研太 0 控え GK 23 岡 大生 累積イエローカード 0
DF 5 田中 裕介 累積イエローカード 0 DF 3 畑尾 大翔 累積イエローカード 0
DF 23 山下 達也 0 DF 4 山本 英臣 累積イエローカード 0
MF 17 福満 隆貴 0 MF 15 兵働 昭弘 累積イエローカード 0
MF 26 秋山 大地 0 MF 16 松橋 優 0
FW 11 リカルド サントス 0 MF 20 黒木 聖仁 0
FW 19 澤上 竜二 累積イエローカード 0 FW 14 田中 佑昌 0
尹 晶煥 監督 吉田 達磨
83分 松田 陸 → 田中 裕介
90分+1 木本 恭生 → 山下 達也
90分+3 清武 弘嗣 → 秋山 大地
交代
55分 小出 悠太 → 松橋 優
77分 阿部 翔平 → 田中 佑昌
83分 島川 俊郎 → 黒木 聖仁
25分 イエローカード 木本 恭生
75分 イエローカード 水沼 宏太
警告・退場
51分 イエローカード エデル リマ

監督ハーフタイムコメント

「セカンドボールを拾うこと。」
「守備のセキュリティーをしっかりしておくこと。」
「次のチャンスに向けて、信じてプレーし続けること。勝つぞ!」

試合終了後 監督記者会見

ヴァンフォーレ甲府:吉田達磨監督

「選手たちは物凄く気持ちが入って、良いプレーを見せてくれた。我々のサポーターは土砂降りの冷たい雨の中でもいつも通り、力強く最後まで力を与えてくれた。

 ただ、1点が遠く、簡単に失点してしまった。セットプレーに、セカンドボールに、マークが外れてしまった。クリアが小さくなったところでマークが外れてしまった。

 2失点目はPK。マークのところで外れてしまった。それ以外、僕たちが5位のチームと対戦して10個分のポイントの差を大きく感じたわけではないです。

 ウチの選手は成長を続けていますし、逞しく走るようになっています。新しいオプションとして今日は少しメンバーを替えましたが、今日何をすべきかということを考えながら走ったと思います。

 彼らの得意とするセットプレーでやられたことを今後に向けて修正しないといけない。前回も、今日も、その前もその前もその前もセットプレーで…(失点している)。とにかく、何かやり方を変えることなく、生き抜く、負けないことを自分たちの中に入れてやっていきたい。

 これだけの大雨の中でサッカーがそこそこやれるピッチコンディションを用意していただいた。このスタジアムの素晴らしさで、Jリーグの素晴らしさ。このようなスタジアムでまだまだ試合をしたいですし、僕たちは自分たちを信じて、ブレたり焦ったりする必要は全くないと思っています。

 周りの声に関係なく、自分たちを信じて残りの4ゲームを今日のようにタフに、今日のような小さなミスを犯さず、今日のように走って、今日のようにゴール前で落ち着けないことは少し排除して残り4試合、山梨の皆さんと一緒に戦い続けたい。」


質疑応答

阿部選手をボランチで起用しましたが、攻撃面についての感想は?


※この続きは、VFK公式モバイルサイトの各試合『試合総評』メニュー(有料)をご覧ください。
 ご加入方法はこちらです。

試合総評

明治安田生命J1第30節 『 C大阪 2-0 甲府 』


『 C大阪に敗戦も残留圏を維持 』

 前節のFC東京戦を引き分け、3連勝はならなかったものの勝ち点1差で降格圏から脱出した甲府(6勝10分13敗 15位)は、3位以内のACL出場圏内をめざすC大阪(15勝6分8敗 5位)とアウェイで対戦する。

 FC東京戦で甲府は先制し、相手の一発退場でさらに数的優位に立つが、追加点を奪えず逆にセットプレーから失点し、1-1のドローに終わった。勝ち点1を積み、広島と入れ替わって15位に上がった。

 一方ホームで甲府を迎え撃つC大阪は、3連敗のあとの前節、鳥栖を破り4試合ぶりの勝利を収めた。ケガから復帰した清武選手が得点を挙げ、復調をアピールした。

 さらにC大阪はカップ戦の準決勝でG大阪を下して、決勝進出を果たしている。上り調子で甲府を迎える。

 しかし甲府もアウェイのC大阪戦は相性がいい。J1の通算の対戦成績は甲府の4戦全勝だ。ちなみにホームの戦いは2分3敗と分が悪い。ホーム、アウェイが逆のような不思議な戦績だ。

 上位チームに相性がよく、アウェイのC大阪戦で負けない甲府に、今季ホームで9勝3分2敗とめっぽう強いC大阪。果たしてどちらのジンクスが本物か。

 甲府はここ4試合連続、ドゥドゥ選手かリンス選手が先制点を挙げている。台風の接近で2週連続風雨の中の戦いが予想されるが、二人の助っ人の活躍で得点を重ね、何としても勝ち点3を持ち帰りたい。

◆ ◇ ◆

 立ち上がりの5分C大阪は、左CKのクロスを甲府のGK河田選手に弾かれるが、こぼれ球をつないで最後は杉本選手がシュート。これが決まって先制点を挙げる。C大阪1-0甲府に。

 反撃したい甲府は前半36分、右CKからのクロスにエデル リマ選手がヘディングシュート。しかしボールはわずかにバーの上。甲府は惜しいチャンスを逃す。

 さらに38分、ゴール前でリンス選手が相手DFに囲まれながら右足でシュートするが、ボールは惜しくも枠の右側へそれる。前半は甲府が1点リードされて終了。


※この続きは、VFK公式モバイルサイトの各試合『試合総評』メニュー(有料)をご覧ください。
 ご加入方法はこちらです。