クラブの歴史

クラブの沿革

 1965年、甲府一高OBによる鶴城(かくじょう)クラブが全国社会人大会出場権を獲得したのを機に、県内の他高校出身者も加えて結成されたのが甲府クラブ。JSL2部発足の際には、オリジナルメンバーとして参加。クラブチームとして財政難、選手補強の困難はあったが、全国規模のリーグで健闘し、 1995年からはヴァンフォーレ甲府と改称した。
 また1997年に「株式会社 ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ」と法人化を行ない1999年から開始されたJリーグ2部への参加が承認された。
 1998 年JFL最後の年を過去最高成績の4位(総得点はリーグNo1)で締めくくり、1999年J2の舞台で奮闘するも、翌年2000年は19連敗(J2リーグ記録)などチームの不振も響きクラブ存続の危機を迎える。そんな中、県民による「ヴァンフォーレ甲府の存続を求める会」が組織され署名活動など県内外から多くの支えを受け2001年から会社の再建が始まる。
 再建初年度から単年黒字に転じクラブは息を吹き返す。2005年、柏レイソルとのJ1・J2入れ替え戦を2-1、6-2で勝利し、初のJ1昇格を果たす。2006年2007年の2シーズンをJ1の舞台で戦うも再びJ2へ降格。その後、2シーズンをJ2で戦い、2010年J2リーグ2位となり念願のJ1復帰を果たす。しかし2011年にJ1リーグ16位となり再びJ2へ降格。「3度目のJ1昇格」を目指した2012年は、24戦連続無敗(J2リーグ新記録)・クラブ初のJ2優勝とJ1復帰を決めた。「J1定着」に向け臨んだ2013-2014年は、苦しい戦いを強いられるも城福監督のもと粘り強く戦い2年連続J1残留。城福監督の退任に伴い、2015年は樋口監督が就任しスタートするも序盤で勝ち星を重ねられず、クラブ史上2度目のシーズン途中での監督交代に踏み切る。GMを兼任し監督に就任した佐久間監督の基、息を吹き返し3年連続残留。2016年は引き続き佐久間監督が指揮を執り、相次ぐ怪我人やエースストライカーが夏場に移籍するなど苦しんだが、最終節で4年連続となる残留を確定。2017年、吉田達磨新監督のもと通算8年目のJ1に挑む。

クラブの沿革

1965(昭和40年)
甲府一高OBによる鶴城クラブが全国社会人大会出場権を獲得したのを機に、県内の他高校出身者も加えて「甲府クラブ」を結成
第1回全日本社会人大会ベスト8
1967(昭和42年)
「甲府サッカークラブ」として関東リーグ入りを果たす
第3回全日本社会人大会 第4位
1968(昭和43年)
第4回全日本社会人大会 第3位
1969(昭和44年)
第5回全日本社会人大会初優勝(浦和クラブと分け合う)
日本リーグ入れ替え戦に出場
対日立本社 第1戦 0-2 第2戦 0-1
1970(昭和45年)
第6回全日本社会人大会 準優勝
日本リーグ入れ替え戦に出場
対日本鋼管 第1戦 0-4 第2戦 0-3
1972(昭和47年)
JSL2部入り 第1回日本リーグ2部 3位
第52回天皇杯出場(2回戦敗退)
1973(昭和48年)
第2回日本リーグ2部 2位
日本リーグ1部入れ替え戦に出場 対日本鋼管 第1戦 1-2 第2戦 2-2
1974(昭和49年)
第3回日本リーグ2部 5位
1975(昭和50年)
第4回日本リーグ2部 7位
1976(昭和51年)
第5回日本リーグ2部 8位
1977(昭和52年)
第6回日本リーグ2部 5位
1978(昭和53年)
第7回日本リーグ2部 3位
1979(昭和54年)
第8回日本リーグ2部 8位
1980(昭和55年)
第9回日本リーグ2部 9位
日本リーグ2部入れ替え戦 対古河千葉 第1戦 1-2 第2戦 4-1
1981(昭和56年)
第10回日本リーグ2部 9位
日本リーグ2部入れ替え戦 対電電近畿 第1戦 1-0 第2戦 1-0
1982(昭和57年)
第11回日本リーグ2部 8位
1983(昭和58年)
第12回日本リーグ2部 8位
1984(昭和59年)
第13回日本リーグ2部 10位
第64回天皇杯出場(1回戦敗退)
1985(昭和60年)
第14回日本リーグ2部 4位
1986(昭和61年)
第15回日本リーグ2部 7位
第66回天皇杯出場(1回戦敗退)
1987(昭和62年)
第16回日本リーグ2部 13位
1988(昭和63年)
第17回日本リーグ2部 9位
1989(平成元年)
第18回日本リーグ2部 12位
1990(平成2年)
第19回日本リーグ2部 12位
1991(平成3年)
第20回日本リーグ2部 13位
1992(平成4年)
第1回JFL2部 5位
1993(平成5年)
第2回JFL2部 9位
日本リーグ入れ替え戦 対日本電装 2-1
1994(平成6年)
第3回JFL 14位
第74回天皇杯出場(2回戦敗退)
1995(平成7年)
チーム名を「ヴァンフォーレ甲府」に改称
第4回JFL 9位
1996(平成8年)
第5回JFL 11位
第76回天皇杯出場(2回戦敗退)
1997(平成9年)
第6回JFL 6位
第77回天皇杯出場(3回戦敗退)
2月7日:(株)ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ設立
1998(平成10年)
第7回JFL 4位
第78回天皇杯出場(4回戦敗退)
1999(平成11年)
第1回J2 10位
第79回天皇杯出場(2回戦敗退)
2000(平成12年)
第2回J2 11位
第80回天皇杯出場(4回戦敗退)
2001(平成13年)
第3回J2 12位
第81回天皇杯出場(3回戦敗退)
2002(平成14年)
第4回J2 7位
第82回天皇杯出場(3回戦敗退)
2003(平成15年)
第5回J2 5位
第83回天皇杯出場(3回戦敗退)
2004(平成16年)
第6回J2 7位
第84回天皇杯出場(4回戦敗退:3回戦が初戦)
2005(平成17年)
第7回J2 3位
J1・J2入れ替え戦 対柏レイソル 第1戦 2-1 第2戦 6-2 J1昇格
第85回天皇杯出場(4回戦敗退:3回戦が初戦)
2006(平成18年)
第13回J1 15位
Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ敗退
第86回天皇杯出場(準々決勝敗退:4回戦が初戦)
2007(平成19年)
第14回J1 17位
Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝トーナメント準々決勝敗退
第87回天皇杯出場(5回戦敗退:4回戦が初戦)
2008(平成20年)
第10回J2 7位
第88回天皇杯出場(4回戦敗退:3回戦が初戦)
2009(平成21年)
第11回J2 4位
第89回天皇杯出場(4回戦敗退:2回戦が初戦)
2010(平成22年)
第12回J2 2位 J1復帰
第90回天皇杯出場(3回戦敗退:2回戦が初戦)
2011(平成23年)
J1リーグ 16位 J2降格
Jリーグヤマザキナビスコカップ 1回戦敗退
第91回天皇杯出場(3回戦敗退:2回戦が初戦))
2012(平成24年)
J2リーグ 1位(クラブ初優勝) J1昇格
第92回天皇杯出場(2回戦敗退:2回戦が初戦)
2013(平成25年)
J1リーグ 15位
Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ敗退
第93回天皇杯出場(準々決勝敗退:2回戦が初戦)
2014(平成26年)
J1リーグ 13位
Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ敗退
第94回天皇杯出場(4回戦敗退:2回戦が初戦)
2015(平成27年)
J1リーグ 13位
Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ敗退
第95回天皇杯出場(4回戦敗退:2回戦が初戦)
2016(平成28年)
J1リーグ 14位
Jリーグヤマザキナビスコカップ(ルヴァンカップ) 予選リーグ敗退
第96回天皇杯出場(2回戦敗退:2回戦が初戦)