ヴァンフォーレ日記

2019明治安田生命J2リーグ 第31節 横浜FC戦

2019.09.08(日)
 本日は、2019明治安田生命J2リーグ 第31節 横浜FC戦。
photo
photo

■スターティングメンバー
photo

■試合の様子
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
■試合結果
 甲府2(1-1/1-2)3横浜
 得点者:ピーターウタカ×2(PK1)

■伊藤彰監督コメント
photo
 遠い中、ファン・サポーターが大勢来ていただいた中で、良い結果を届けられず凄く残念に思っています。

 ゲームの入りはしっかりと締めて入ったつもりですが、後半の頭もそうですけど先に失点してしまうと最後追い付くまで力を使わないといけないのでなかなか難しかったと思います。途中でゲームコントロールは出来ていましたし、追いついた後もチャンスは出来ていたので、ここでしっかりとゲームコントロールをして畳み掛ける攻撃ができたらよかったと思うのですが…。やはり立ち上がり、セカンドボール、2次攻撃から失点をしているところ…。

 我々は今日のゲームのテーマとしてCKで1本やFK1本で取られるというより、2次攻撃でやられることを無くそうと入りました。そこでやられたのはもう少し選手の集中力と我々のやることをもっとはっきりしないといけなかった。

 横浜FCのサイド攻撃、若い2人はスピードがあるし、中央でイバ選手、ドミンゲス選手の技術や強さもあるのでそこを押さえきれなかった。この3失点は悔しいけど、そこをしっかり改善できないと勝ちに繋げられないと思っています。次のゲームがあるので下を向いていられない。次のゲームに向けて修正しながらいきたい。