ヴァンフォーレ日記

2019明治安田生命J2リーグ 第12節ジェフユナイテッド千葉戦

2019.05.05(日)
 本日は2019明治安田生命J2リーグ 第12節ジェフユナイテッド千葉戦
photo
 クスリのサンロードスペシャルマッチ・ホームタウン富士川町サンクスデー 

■クスリのサンロードブース
・ヘルシーレストラン パセリ
photo
 オリジナルビーフカレーを販売しました。

・クスリのサンロードご提供 サントリー「グリーン・ダ・カ・ラやさしい麦茶(650ml)」の引換券をプレゼントしました。
photo

・山梨クィーンビーズの選手の皆様が来場しました。
photo

■富士川町サンクスデー
・富士川町PRブース
photo
 富士川観光物産協会が、ねじり菓子、ゆずゼリー、バターカステラ富士川、塩饅頭を販売し、増穂商業高校による「いきいきショップ増穂」が、増穂商業高校開発商品 :ふじロフ、福箕餅などの販売をしました。

・キッズチャレンジマッチ
富士川町増穂SC 対 若草バイキングSSS
photo
photo
photo

■(一財)山梨県交通安全協会
・春の全国交通安全運動「VF甲府×山梨県交通安全協会」オリジナル交通安全ノートをプレゼントしました。
photo

■甲府青年会議所フェイスペイントブース
photo

■こどもあそび広場☆in補助競技場
【スポーツ系】
 山梨学院大学スポーツ科学部・山梨学院大学学生有志・YGU-C.E.P・山梨県スポーツ協会・山梨クィーンビーズのご協力をいただき、企画運営をさせていただきました。
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo

【クラフト系ワークショップ】
①Handmade 青りんご・・・人気のワークショップは「カチューシャ」と「ロゼット」をワンコインで!
photo
   
②kotachis・・・靴下で作った可愛いぬいぐるみや、刺し子の小物を販売してます!
photo
   
③kumama・・・コースターや小皿、トレーに、好きなイラストやメッセージを焼き付ける体験!
photo
    
④aodora・・・クラフトバンドで作るリース。(限定ユニフォームやサッカーボールパーツもあります。)
⑤ala・・・刺繍ブローチ(顔ブローチ、花、動物)を販売
photo
    
⑥Tamaroma Life・・・アロマワックスサシェ、アロマトリートント、ヘッドスパ、ハンドスパ、耳つぼジュエリー、アロマスプレー作り
photo
   
⑦satolu・・・銅板を使って、レリーフや表札を作ろう!
photo  

⑧消しごむはんこ miihan・・・消しごむはんこの販売とワークショップ!
photo
    
⑨ヴァンフォーレかぶと・・・ヴァンフォーレかぶとをつくろう!
photo

⑩オーナメント依田ブース・・・子どもが喜ぶおもちゃ、ソックス、肌着など、激安で販売しました。
photo

・ジェフユナイテッド千葉のマスコット「ユニティ」、ヴァンくん&フォーレちゃんによるマスコット写真撮影会
photo

■ヴァンくんステージ
・ユニティ・ヴァンくん・フォーレちゃんによるマスコットショー
photo

・まほらの郷鷹座小林八幡太鼓による応援パフォーマンス
photo

・平畠啓史さん×石原克哉アンバサダーによるトークショー
photo

・原田喜照さんのよる歌
photo

■ひらちゃん(平畠啓史さん)ブース
・平畠啓史さん
photo

・選手サイン会
photo

■クロスフォープレゼンツ・フェアプレー宣言ファミリー
photo

■平畠啓史さんによる「今日の試合の見どころ」
photo

■特産品贈呈
photo
photo
 富士川副町長 齋藤泰様、富士川町教育長 野中正人様より両チームに「糀屋の甘酒」を贈呈いただきました。

■キックインセレモニー
photo
 山梨クィーンビーズ 岡萌乃様、水野菜穂様、内堀紫菜様によるキックインセレモニーが行われました。

■集合写真
photo

■スターティングメンバー
photo

■前半
photo
photo
photo
photo
photo
photo

■後半
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
■試合結果
 1-2(0-0/1-2)
 得点者:佐藤選手

■伊藤彰監督コメント
photo
 まず、ホームで12,000人以上のサポーターの皆様が来てくれた中で、こういうゲームになってしまったこと、チームとして、私は指揮官としてすごく反省しています。本当に勝ち点3が欲しいゲームでしたけれども、勝ち点1にも届かずにこのゲームが終わってしまったというところは、すごく残念に思っています。

 前半からゲームをコントロールしていこうということで、守備の面でもアタックの面でもという話ではあったのですけれども、しっかり守備も出来ていましたし、危ない場面というところも自分達の中ではそこまで感じていなかった部分があります。その中で、決定的なチャンスが、お互いに1本2本あったと思います。そこを決めるか決めないかというところで、試合の流れ的に我々が後半に入ってからの決定機を決めていれば、また違ったゲームになってきたのかなと思います。

 ただ、我々が狙っていた相手の前線の背中を取りながら、シャドーの選手たちがフリーになり攻撃を組み立てる、そこから最後ウイングバックの裏を取っていこうと、そこはチーム全体として狙いどころとしてやってきましたし、そこを何回かチャンスに出来たというところは選手がよく頑張ってくれたかなと思います。

 ただ、セットプレーの守備というところで、ここの2失点というのは、しっかりトレーニングで構築していくべきところだと思います。水戸戦の時もそうでしたし、失点はセットプレーからやられていることが多いので、もっともっとセットプレーに重きをおいてゲームに入っていかなければいけないと思います。