ヴァンフォーレ日記

明治安田生命J2リーグ 第3節 FC町田ゼルビア戦

2018.03.11(日)
 本日は、明治安田生命J2 第3節 FC町田ゼルビア戦。
photo

■スターティングメンバー
photo

■黙とう
photo
 東日本大震災の犠牲者に哀悼の意を表し、試合前に黙とうを実施しました。

■前半
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo

■後半
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo

■試合結果
甲府0(0-0/0-0)0町田

■吉田達磨監督コメント
photo
「今日もいつも通り、多くの約1,500名のファン・サポーターの皆さんに来ていただいて、勇気を持って試合に臨みました。

 しかし、退場者を出しながら結果、引き分け。退場者を出しながら0-0がいいのか、点を取るチャンスもあったし、失点しそうなピンチは皆さんが想像しているほどなかったと思います。この結果をどう捉えるかはこれからの僕たちの戦い方次第だと思います。

 長い距離を走って攻めるイメージはウィークデーのトレーニングで作ってきました。

 今日の試合では、本当に練習で見たような「景色」になりましたが、最後の決定打、落ち着くべきところで落ち着けなかったというところです。毎日のように言いますけれど、永遠の課題であるようで永遠にしてはいけないことだと思います。

 あとはクリアボールの質。どこまで蹴るか、スローインに飛ばすんじゃなくて、しっかり遠くまで飛ばすとか、よりシンプルな技術というか、やらなければいけない仕事はまだまだだなと思います。

 しっかりと前を見て、まだまだありますから。そうは言っても早く、勝ち星をファン・サポーターの皆さんに届けられるよう、安心してもらえるようにやりたいと思います。」