プレスリリース

ヴァンフォーレ甲府を支えて頂いている皆様へ

2018.04.30(月)
 ヴァンフォーレ甲府を支えて頂いている皆様には、日頃より、多大なるご支援・ご協力・ご声援を賜り、クラブを代表致しまして心から感謝と御礼を申し上げます。
 2018明治安田生命J2リーグは、週末に行われた千葉戦が終了して、早いもので11試合を消化致しました。今シーズンにつきましては、昨シーズン「J2降格」となり、結果としてヴァンフォーレ甲府を支えて頂いている皆様のご期待にお応えすることが叶いませんでしたが、吉田達磨監督に続投をお願いしたうえで、リーグ戦終盤に「チームスタイル構築に向けて変化の兆し」が見受けられたことから、「継続性」と「スタイル構築」を十分に意識した指導体制とチーム編成等を行いクラブと致しましては、「J1復帰」を目標に掲げ挑んだところでありました。

 しかし、成績は11試合を終了した時点で、2勝5分け4敗、勝ち点:11、順位につきましては、22チーム中16位であり、現時点でみる限り目標に掲げた「J1復帰」からは遠い位置にあるのが実情であります。
 この原因は、ひとえにクラブの努力不足であり、改めてヴァンフォーレ甲府を支えて頂いている皆様に対して、心からお詫び申し上げます。

 今後に向けた改善策をクラブとして協議した結果、昨シーズンよりチームを指揮して頂いた吉田達磨監督との間で双方合意に基づき、本日、契約を解除致しました。
 吉田監督には、短い期間ではありましたが、選手育成を含めてクラブの進化のために全身全霊を傾けて頂きました。しかし、現在の成績は不本意なものであり、現状を克服するためには、戦術、戦略面で新たな考え方を取り入れ、チームに変化を与えるために指揮官を交代することが最善であるとの結論に至りました。

 後任の監督には、上野展裕氏に務めて頂くこととしました。
 今シーズン我々の掲げる目標は、あくまでも「J1復帰」であり、残りのリーグ戦31試合は、上野展裕新監督のもと、ヴァンフォーレ甲府の強みである、フロント、チームが一体となり、ヴァンフォーレ甲府を支えて頂いている皆様と共に、最後の最後まで諦めず、「必死になって全力で闘う姿」をお見せして、勝ち点を積み上げる所存であります。

 ヴァンフォーレ甲府を支えて頂いている皆様には、引き続き、山梨中銀スタジアムに足をお運び頂き、これまで以上のご声援とご支援を賜りたくお願い申し上げます。

 株式会社 ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ
 代表取締役社長     藤原 弘
 代表取締役ゼネラルマネージャー 佐久間 悟