プレスリリース

海野一幸会長が「2016年第49回内閣総理大臣杯 日本プロスポーツ大賞 功労賞」受賞のお知らせ

2016.12.20(火)
 この度、弊クラブ海野一幸会長が本日発表されました「2016年第49回内閣総理大臣杯 日本プロスポーツ大賞」において「功労賞」を受賞いたしましたので、お知らせいたします。



■主催:公益財団法人 日本プロスポーツ協会

■概要:
 我が国のプロスポーツ界の健全な発展ならびに振興に寄与することを目的として、
 1968年(昭和43年)の第1回日本プロスポーツ大賞より毎年開催されています。
 大賞受賞者には、国家的表彰として内閣総理大臣杯と賞状が授与されます。

■選考基準:
 [功労賞]
 ・プロスポーツの発展に長年にわたり貢献した個人に与えられる。
  楯と賞状、賞金が授与される。

 ・Jリーグの発展に多大なる貢献をした者としてJリーグが理事会の決議をもって推薦。

■推薦理由:
 経営危機により解散寸前だったクラブを、Jリーグの理念に基づいた地域密着型の経営を
 実践することで立て直し、15年連続黒字経営を達成。少予算でもJ1で戦えるクラブを作り
 上げた。その取り組みは後続の市民クラブの模範となっている。

■海野会長コメント:
 このたびは栄誉ある、また身に余る賞を頂き、大変嬉しく光栄に思っております。
 この賞は、私個人の力ではなくクラブを支えてくださるスポンサー様、地域の皆様、そしてクラブの選手・スタッフの協力の賜物であり、ヴァンフォーレ甲府全体に頂いたものと考えています。
 これからも引き続きご支援ご声援の程よろしくお願い申し上げます。


詳しくは(公財)日本プロスポーツ協会 公式HP http://www.jpsa.jp/award_about.html をご確認下さい。