アカデミーブログ

アカデミースタッフルーム(No.1)~一番輝く~

2017.02.02(木)
こんばんは。

2017シーズン、アカデミーダイレクターを担当させて頂きます西川陽介です。

私自身は、ヴァンフォーレ甲府に入団して、14年目のシーズンとなります。

入団してから、ユース(U-18)3年間、ジュニアユース(U-15)3年間、ジュニア(U-12)を7年間という道を歩んで参りました。

昨日、海野会長をはじめ、輿水社長、佐久間GM、雨宮アドバイザーにスタッフミーティングへお越し頂き、大変貴重なありがたいお話をして頂きました。

こんなにもクラブのこと、山梨県のことを想い、アカデミーを大切にしてくださる方々のお話を聞いている最中、泣いてしまいそうになるのを必死にこらえていたのは、私だけだったでしょうか…。

いや、きっと違います。

アカデミースタッフ皆さんの心に響いたはずです。

そして、天国で見守っている彼も…


photo

大親友の小佐野一輝。


14年前、まだ、主な拠点もなかったアカデミーは県内の高校や公共施設のグラウンドを転々としていました。

コーチも4人。

そんな厳しい環境の中でしたが、選手もスタッフもパワフルで、日常にパワーが溢れていました。

巡回サッカー教室、サッカースクール、選手の送迎、ユースの練習、デスクワーク。

多忙ではありましたが、辛いと思ったことは一度もありませんでした。


photo

当時、まだまだ若手だった私と小佐野一輝の合言葉は「マンパワー、フルパワー」


何度も大喧嘩をして、ぶつかりながらも一緒に突っ走ってきました。

時には話したくもない時がお互いにあったかな…(笑)

そんな中、クラブ関係者や地域の皆様、選手、保護者の皆様、スポンサー様のおかげで、ヴァンフォーレ甲府アカデミーは徐々に成長していったと思います。

そんな素晴らしいアカデミーのダイレクターをやらせて頂くことに、心より感謝してしていると共に、自分がアカデミーのために何ができるかということを毎日、必死に考えている日々です。

ですが私は、志半ばでこの世を去った大親友の分も、一日一日を大切に、全力で積み上げていきたいと思います。


photo

地域に愛され、人々に感動を与えられるクラブになりたい。

大きな夢と志を持った、責任感のあるパワフルな指導者になりたい。

小佐野一輝のように一番輝く星になりたい。

選手たちには一番輝く星になってほしい。


photo

今でも、彼は私に言うでしょう。

「陽ちゃん、マンパワー、フルパワーだよ」

一輝。

一番輝くと書きます。

彼のように一番輝くアカデミーを目指して、クラブの皆さん、コーチの皆さん、選手の皆さんと共に「マンパワー、フルパワー」で、今シーズンチャレンジしていきたいと思います。

彼もきっと一緒に歩んでくれると思うので…

皆様、よろしくお願い致します。