エンブレム

スローガン

メニューを閉じる
監督コメント

2021明治安田生命J2リーグ 第4節 愛媛FC戦

ヴァンフォーレ甲府:伊藤 彰監督

・守備は、もう少し予測をしてボールに対して、強く激しくアプローチしていくこと。

・攻撃は良いポジションを取り、もっとチェンジサイドをしていこう。

・強い気持ちで後半に入ろう!全員で勝ちにいくぞ!

ヴァンフォーレ甲府:伊藤 彰監督

ヴァンフォーレ甲府:伊藤彰監督
愛媛まで駆け付けてくれたファン・サポーターの皆さんの後押しに感謝しています。勝ち点3をプレゼントできてよかったです。前半は相手の勢いというか、やろうとすること、守備のプレッシャーが噛み合わなかった。川村拓夢選手に浮いたポジションを取られてそこが気になってボランチ、SHにプレッシャーが行けなかった。そのなかでセットプレーから点を取れたことは素晴らしかった。途中オーガナイズを変えながら落ち着いて入ろうとしていた。HTを含めて相手が最初の15分間来るプレスの背中を取れた。2点目を取れなかったことで最後まで厳しいゲームになった。何回か追加点のチャンスがあったが、決めないといけない。勝ち点3を取れたことはよかった。最後まで選手は粘り強く戦ってくれた。

質疑応答
前半苦しい中でもセットプレーから点を取って勝ち切れたことは大きいですね。
こういう苦しい試合でセットプレー1本で1-0で勝つことは素晴らしい。

セットプレーから点を取れている理由は?
スタッフがしっかり準備してくれていることが一つ。それ以上にCKを取れていることに目を向けないといけない。そこまで行くことができている経緯がある。思い切ったプレーが多く見られるからCKから点を取れているところがあると思う。

後半チームとして戦い方を整理できたと思います。ハーフタイムはどんな指示を出しましたか?
右サイドハッキリさせる。そこに対する相手の左のプレッシャーが速い。オーガナイズを組んで左の泉澤仁選手と荒木翔選手のところで数的優位を使える。そこからの攻撃は前半と変わっていた。そこを意識して左からのクロスや攻撃が増えた。

ここまで4試合で勝ち点10ですが、振り返ってどんなことをもいますか?
栃木や大宮などタイプが違うチームにしっかり対応できた。勝ち点は取れているがやりたいサッカーの半分くらいしか出せていない。そこを押し出せるようにトライ&エラーをやりながらやっていきたい。

無失点の守備について?
前半ラインが下がってしまった点があるが、変化に対応する選手の反応はよかった。

やりたいサッカーの残り半分とは?
ボールを保持して厳しいところにボールを入れて行くところが足りない。


※選手コメントは、VFK公式モバイルサイトの各試合『試合情報詳細』メニュー(有料)からご覧ください。
 ご加入方法はこちらです。

関連コンテンツ

試合詳細 テキストLIVE
次戦解説 試合総評
選手コメント 監督コメント
コンテンツ一覧
TOPページに戻る
ページトップへ