エンブレム

スローガン

メニューを閉じる
ヴァンフォーレ日記

2021明治安田生命J2リーグ 第26節 ジェフユナイテッド千葉戦

2021年08月21日
本日は、2021明治安田生命J2リーグ 第26節 ジェフユナイテッド千葉戦
photo
日医工山梨グループスペシャルマッチ・ホームタウン中央市サンクスデー

■日医工山梨グループスペシャルマッチ
・日医工山梨グループPRブース
先着200名様に日医工の健康茶がプレゼントされました。
photo

■中央市サンクスデー
・キッズチャレンジマッチ 
玉穂フットボールクラブvs田富サッカースポーツ少年団
photo
photo
photo

・中央市PRブース
中央市ご当地グルメ「青春のトマト焼きそば」の販売および道の駅とよとみ/た・から「シャインマスカットやトマトなどの新鮮野菜」などが販売されました。
photo

■くるま工房CRAFTブース
洗車や食器洗いなどマルチに使えるエンブレム型スポンジやロゴマーク入りクロスを販売しました。
photo

■山梨県赤十字血液センター献血バス
献血をした方に、新井涼平選手のポスターやクリアファイルがプレゼントされました。
photo

■ヴァンフォーレSDGsコーナー
・ヴァンフォーレSDGsユニフォームタグを販売しました。
協力:グリッター
photo
photo

・甲府市就労支援事業所出店
甲府市内の終了支援事業所の方々をスタジアムにお招きをして、各施設で作っている商品の販売をしました。
協力:山梨県スポーツ協会
photo

・就労継続支援B型事業所ひかりハウス
ステンドグラスサッカーボールキーホルダーや羊毛フェルトサッカーキーホルダーを販売しました。
photo

・クラブ直営ブース~SDGsって何だろう?~ーフードロス削減 SDGsかるた~
フードロス削減 SDGsかるたを使って、楽しくSDGsを学びました
協力:オズプリンティング
photo

■マスコットショー
おなじみヴァンくんによるT.M.Revolution とフォーレちゃんによる『学園天国』です!
そのあと、ヴァンくんはカートから落ちるという・・・
photo

■代々木駅前歯科プレゼンツ「フェアプレー宣言ファミリー」
photo

■特産品贈呈
中央市市長 田中久雄様より『豊富の梅酒、季節の野菜詰め合わせ』を両チームに贈呈していただきました。中央市出身の須貝選手が受け取りました。
中央市出身の卓球の平野美宇選手から応援メッセージVTRが届きました。
photo
photo

■山梨中央銀行JiMOCAカード支援金贈呈式
キャッシュカードとクレジットカードが一体となったJiMOCAカードによる決済金額の一部をヴァンフォーレ甲府の運営資金として、山梨中央銀行 頭取 関光良様から贈呈いただきました。
photo

■激励花火
日医工山梨グループプレゼンツ 選手入場時に花火が打ち上げられました。
photo

■激励品贈呈
日医工山梨グループ 代表取締役社長 淡路啓二様、常務取締役 吾妻準様より「ヘルシードリンク・スーパーローヤル」を両チームに贈呈いただきました。
photo

■集合写真
photo
photo

■前半
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo

■後半
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo

■試合結果
甲府1(1-0/0-1)1千葉
得点者:ウィリアンリラ選手

■伊藤彰監督コメント
photo
 山梨県がまん延防止等重点措置の対象地域とされている中、山梨県の長崎知事をはじめとした皆様方にご尽力いただき、このように試合を開催できたことを本当に感謝しておりますし、嬉しく思っています。ありがとうございます。

 そして足元の悪い中、千葉のファン・サポーターの皆様は来れませんでしたが、我々のファン・サポーターの皆様が足を運んでいただいたこと嬉しく思っています。最後追いつかれて勝ち点1に終わったこと、私自身責任を感じていますし、本当に申し訳無いと思っております。

 相手を押し込みながらゲームを運べていましたけど、1点取ったことによって比重が後ろに下がってしまいました。それによって相手のやるべきことがはっきりし、ロングボールに対してのセカンドボールという構図が出来てしまったと思います。我々が得点した後から相手がロングボールを多用した中で、セカンドボールを拾えなくて押し込まれる状況がありましたが、後半に入って、セカンドボールを拾って攻撃に繋げる事、カウンターで得点を取り切りたいということがありました。途中から(宮崎)純真を入れて活躍はしてくれましたが、やはり1-0で勝っている状況の中でも、もう少しボールを握ることや押し込んでサッカーをすること、ボールを取られた瞬間にダイレクトプレッシャーを掛けて自分たちのボールにすることなど、ちょっとした隙を改善していかないといけないと思います。2点目を決め切るチャンスもありましたので、決めていれば勝ち点3を手繰り寄せられたかなと思います。
 前半1本、後半1本と河田がビッグセーブをしてくれて、チームを引き締めてくれたことは感謝しています。1-0で勝って河田に「おめでとう」と言いたかったところでしたけど、最後のセットプレー、我々のウィークポイントでやられてこと、ここは改善していかなくてはいけません。

コンテンツ一覧
TOPページに戻る
ページトップへ