エンブレム

スローガン

メニューを閉じる
監督コメント

2021明治安田生命J2リーグ 第21節 ファジアーノ岡山戦

ヴァンフォーレ甲府:伊藤 彰監督

・守備は、ラインコントロールをしっかりしてもう少しボールに強くアプローチしよう。

・攻撃は、チェンジサイドのテンポを上げ、積極的にミドルシュートを打っていこう。

・もう一度フルパワーで後半に入ろう!

ファジアーノ岡山:有馬 賢二監督

・攻守においてもう一つギアを上げていこう。

・オフサイドにならないように裏に出ていくこと。

・楽して点は取れない。ゴール前に飛び込んでいくシーンを増やしていこう。

ヴァンフォーレ甲府:伊藤 彰監督

ヴァンフォーレ甲府:伊藤彰監督
遠い中、ファン・サポーターの皆さんが岡山まで来て下さったことが嬉しいし、勝利と勝ち点3をプレゼントできたことがよかった。ゲームはアグレッシブに入ろうとしていて、いい入りをしてくれたと思います。いい時間帯に(野津田)岳人が決めてくれた。彼にとってもターニングポイントになるゲームになったと思う。前半を1-0で終えられたこともよかった。守備ではライン間でフリーになる選手を作ったことは修正が必要。ホールの守備などを取り組みたい。

2点目が後半に入って10分以内に取れたし、PKだったが3点目も取れて、いい時間に点が取れた。複数得点は選手にとっても自信になるが、最後の失点は試合巧者になるにはゼロで抑えないといけなかった。そうしないと上位に喰らいつけない。

質疑応答
守備は前節のように前からというよりもブロックを作ってというメリハリをつけたと思いますが、評価は?
前から行くときのオーガナイズは前節はハマった。今節は5-4-1のブロックからの牽制は上手くできたが、ライン間にボールを入れられたことは修正が必要。

問題だった点は?
5-4-1に関してはギャップがあり難しいところがあるが、ブロックを作りながら押し出せた。ハーフタイムにオーガナイズを変えるコミュニケーションは取ったが選手はこのままの方がやり易いということで継続した。2点目、3点目と取れたことで崩すことなく行った。

泉澤仁選手は3試合で4ゴールですが、評価は?
ドリブルにプラスαとして点に絡むプレーができている。シュートの意欲、そこにフォーカスして点を取れる選手になっていこうという話もした。

有田光希選手の移籍後初ゴールについては?
これまでチャンスがあったなかで前半戦に決め切れず、その後はケガもあって出遅れたがPKというチャンスにしっかり決めた。甲府での初得点は嬉しいと思う。これからは少ないチャンスに点を取っていかないといけない。今後に繋げてほしい。

後半戦に向けて。
ここ2試合、チームはいろいろなところで苦しい状況だった。選手も協力してくれたしクラブも力になってくれた。苦しい時にチームの力が試される。それを体現してくれた選手に感謝したい。

前半戦の総括をお願いします。
目標としているところに少し足りない。勝ち点6足りない。


※選手コメントは、VFK公式モバイルサイトの各試合『試合情報詳細』メニュー(有料)からご覧ください。
 ご加入方法はこちらです。

関連コンテンツ

試合詳細 テキストLIVE
次戦解説 試合総評
選手コメント 監督コメント
コンテンツ一覧
TOPページに戻る
ページトップへ