エンブレム

スローガン

メニューを閉じる
監督コメント

2021明治安田生命J2リーグ 第15節 水戸ホーリーホック戦

ヴァンフォーレ甲府:伊藤 彰監督

・局面でやるべき事を全員がサボらず勝つ為にプレーすること。

・切りかえをはやくして、しっかりコンパクトを保つ事。

・戦術は関係ない。強い気持ちで戦おう。みんなで勝ちにいこう!

水戸ホーリーホック:秋葉 忠宏監督

・アクションを起こしていこう

・我慢強く続けよう

・水戸ファミリーと共に必ず勝とう!

ヴァンフォーレ甲府:伊藤 彰監督

ヴァンフォーレ甲府:伊藤彰監督
このアウエーの地までファン・サポーターの皆さんに来てもらってうれしかった。勝ち点3をプレゼントできてうれしい。応援が力になりました。前半早い時間帯に点が取れたことで途中から相手の攻撃を受けた。途中からオーガナイズを変えてボールの出所にプレッシャーを掛けようとした。ボールを奪ったときのミスが多かった。もっとボールを握りながら攻撃的にという考えもあったが、守備的なオーガナイズを取ることになった。野津田岳人選手が連戦で身体のキレが落ちていたので後半は中村亮太朗選手に変えた。フレッシュな中村選手が入ってハードワークができるようになった。前線の疲労度を考えて三平和司選手や鳥海芳樹選手を入れてプレッシャーを掛けた。

我々はアウエーであまり勝ててなくて、3連勝も懸かる試合で守備を考えて後半に入った。GKの岡西宏祐やCBの新井涼平を中心にチームとしてハードワークしてくれたことが勝ち点3に繋がったと思う。守備のハードワークが勝利に繋がったと思う。ここから上位との対決が始まる。一週間しっかりと構築して準備したい。

質疑応答
決勝点の関口正大選手への評価は?
開幕から試合に出ていて5~6回得点のチャンスがあった。それとは違う形のカットインからだったがプロ初ゴールは素晴らしいこと。これだけ頑張っているので彼に神様がプレゼントしてくれたと思う。守備も攻撃も100%でやりながら最後までやり切る姿に頭が下がる重い。

アウエーで勝てない中で勝ち切れたことについて?
アウエーということで身体のキレやポジションを取るところで少し遅かった、もっと攻撃に舵を切るべきだったのかもしれないが守備のシフトを変えて受けに立った。長丁場のリーグ戦の中ではこういうゲームもある中でコーチングスタッフとも一緒になって危ないところを消しながらできたことはよかった。「いいゲームか?」と言えば、守備に関してはよくても、全体的にはよくなかった。攻撃はもっとイニシアチブが取れないといけなかった。

次は首位の京都戦ですが、次節への意気込みは?
3連勝で京都戦に行けることは嬉しく思う。アウエーは厳しい戦いになるが、コンディションと気持ちを整えてチームとしてまとまってしっかり戦いたい。


※選手コメントは、VFK公式モバイルサイトの各試合『試合情報詳細』メニュー(有料)からご覧ください。
 ご加入方法はこちらです。

関連コンテンツ

試合詳細 テキストLIVE
次戦解説 試合総評
選手コメント 監督コメント
コンテンツ一覧
TOPページに戻る
ページトップへ