エンブレム

スローガン

メニューを閉じる
監督コメント

2021明治安田生命J2リーグ 第6節 V・ファーレン長崎戦

ヴァンフォーレ甲府:伊藤 彰監督

・もう一度冷静になって後半に入ろう。上位に行く為に逆転しよう。

・攻撃はもっとスペースに走って動きを増やしていこう。

・チーム全員で一つになろう。逆転して強くなろう!

・立ちあがりの15分大事にすること。

V・ファーレン長崎:吉田 孝行監督

・バランスを崩さないこと。

・次の1点をとること。

ヴァンフォーレ甲府:伊藤 彰監督

ヴァンフォーレ甲府:伊藤彰監督
勝ち点3を取れずに申し訳なく思っています。アグレッシブに試合に入ろうとしていたが前半の入りはあまりよくなかった。積極的にボールを運ぶ作業が足りなかった。セットプレーのこぼれ球から決められてしまった。後半ボールを握りながら運ぶ作業をやって行った。プラスαで点を取れた。同点の後、チャンスのシーンで決められなかったことは敗戦の原因。我々はそこでしっかり守り切って悪い中でも勝ち点1を持って帰るということが足りなかった。セットプレーのは入りのところはチームで共有したい。

質疑応答
前半の立ち上がり思ったよりもアグレッシブに行けなかった理由と、チームとして追いついてからの戦い方は時間帯にもよると思いますが勝ち点1でもいいという考えもありましたか?
相手を引き出した後の背中や裏を取りに行く作業が少なかった。後半ホールで相手のライン間に入って前向きを作れている選手が何人かいた。1-1になったときに畳み掛けるところで取りたかった。いい場面、1対1のところあったが、決められるか、決められないか、相手はCKから決めてきた。最後はいろいろなところで我々にツキも向いてこなかった。

アウエーでの長崎戦に対する苦手意識は?
結果的に勝ててないだけでそこまで苦手意識はない。素晴らしいスタジアムと環境ですが、雰囲気に呑まれている気はないし、イメージもない。


※選手コメントは、VFK公式モバイルサイトの各試合『試合情報詳細』メニュー(有料)からご覧ください。
 ご加入方法はこちらです。

関連コンテンツ

試合詳細 テキストLIVE
次戦解説 試合総評
選手コメント 監督コメント
コンテンツ一覧
TOPページに戻る
ページトップへ