エンブレム

スローガン

2020 VFK 4つのゴール
メニューを閉じる
監督コメント

2020明治安田生命J2リーグ 第3節 松本山雅FC戦

ヴァンフォーレ甲府:伊藤 彰監督

・ボランチは運動量を増やし、相手のパスコースを牽制すること。

・風が強いのでロングボールに気を付けること。

・後半の入りを間違えないように。勝って甲府に帰ろう!

松本山雅FC:布 啓一郎監督

・シンプルに攻めること。

・前を狙っていくこと。

ヴァンフォーレ甲府:伊藤 彰監督

ヴァンフォーレ甲府:伊藤彰監督
いい入りで先制点を取ることができた。ゲームの入りはよかったが、前半からロングボールのセカンドで押し込まれたところがある。セカンドを拾ってしっかりゲームコントロールをできなければならなかった。後半はオーガナイズを変えて上手く守れた。後半最後のところはオーガナイズを変えるのが少し遅かった。選手は頑張ってくれた。僕の責任。最後は大きな選手を入れてきて押し返すことが少なくて苦しい時間が多くなった。セカンドボールを拾えなかった。3節まで終わって負けなしも3引き分け。勝ち切らないといけない。勝ち切るゲームをチーム全体で話し合いながらやっていきたい。


質疑応答
失点しないために必要だったことは?
失点シーンは5枚に変えるタイミングが遅かった。4-4-2で守るよりも前にパワーがあって、(最終ラインの)中央は3枚でと考えていたが自分のタイミングが遅かった。私の責任。荒木翔の大裏のところを使われた。反省点というよりもオーガナイズを変えたいたらよかった。


プロデビュー戦の中村亮太朗選手のプレーについて?
中村はリーグ初スタメンでハードワークしてくれた。緊張感がある中で体力が奪われてきた中、交代をした。評価としては凄く良かった。このまましっかりと続けてほしい。


※選手コメントは、VFK公式モバイルサイトの各試合『試合情報詳細』メニュー(有料)からご覧ください。
 ご加入方法はこちらです。

関連コンテンツ

試合詳細 テキストLIVE
次戦解説 試合総評
選手コメント 監督コメント
コンテンツ一覧
TOPページに戻る
ページトップへ