プレスリリース

7月以降の制限付きの試合開催におけるホームゲーム運営方法について

2020.06.26(金)
 Jリーグでは、新型コロナウイルス感染を最大限防ぎながら、試合を開催することを目的に、制限付きの試合開催方法を、「超厳戒態勢時(強い制限)」と「厳戒態勢時(緩和された制限)」に分類し段階的に開催することとしております。
 ヴァンフォーレ甲府ではそれぞれの段階における試合運営ガイドラインに則り、ホームゲームを運営してまいります。
 7月以降の制限付き試合開催における、ヴァンフォーレ甲府ホームゲーム運営方法について下記の通りご案内いたします。
 ※ただし、今後の国内における新型コロナウイルス感染状況やJリーグによる開催方針の変更等により運営方法が変更されることもございますので予めご了承ください。



【超厳戒態勢】
 政府の方針に則り、7月10日からを予定しております。観客席は、周囲との間隔を椅子の中心から半径 1m以上あけます。
 来場者上限は、5000人、もしくは会場収容人数の50%の少ないほうとします。また、ビジター席は設置しません。


【厳戒態勢】
 政府の方針に則り、8月1日からを予定しております。観客席は、周囲との間隔を1席程度あけます。来場者上限は、会場収容人数の50%とし、ビジター席は設置します。


1.席割、入場ゲートについて
(1)超厳戒態勢時
 ・全席指定席となります。
 ・ホームスタンド、バックスタンドの入場ゲート位置が通常開催時から大幅に変更しております。
 ・再入場は不可となりますのでご注意ください。
photo


(2)厳戒態勢時
 ・全席指定席となります。
 ・各スタンドの入場ゲート位置は通常開催時と同様です。
 ・再入場は可となります。
photo


2.飲食売店について
 ・超厳戒態勢時・・・場内において飲料(アルコールは除く)のみの販売となります。
 ・厳戒態勢時・・・場内外において飲食(アルコールは除く)の販売がございます。
 ※上記により、アルコール(ノンアルコール含む)の持ち込みも禁止となります。


3.スタジアムイベントの開催について
 ・超厳戒態勢時・・・場内および場外すべてのイベントが禁止となります。

 ・厳戒態勢時・・・場内および場外ともに、社会的距離(できるだけ2m、最低1m)に十分配慮する等、基本的な感染予防対策を講じた上で、開催します。


4.開門時間について
 ・超厳戒態勢時・・・原則、キックオフの2時間前から入場を開始します。(会員先行入場は行いません。)

 ・厳戒態勢時・・原則、一般入場をキックオフの2時間前とします。会員は先行入場を行います。
 ※会員先行入場は一般入場の15分前に開始します。


5.入場の際の注意事項 (超厳戒態勢および厳戒態勢共通)
(1)ゲートスタッフは、券面チェックのみ実施します。チケットはお客様ご自身で、もぎり、ゲートの半券袋へ入れてください。
(2)ビン・缶の持ち込みは禁止となります。また、感染予防の観点から、リユースカップの移し替えは行いません。
(3)入場時に体温を測定します。 37.5度以上の場合は入場をお断りさせていただきます。入場をお断りする際にお客様のご連絡先を確認させていただきます。
(4)チケットへ、氏名、電話番号の記入欄がございますので、入場前に必ず記入をお願いします。


6.試合終了後の退場について (超厳戒態勢および厳戒態勢共通)
 退場時の密集、密接を避けるため、全てのゲートを開放します。
 ただし、座席エリアごと、指定されたゲートより退場していただきます。


7.喫煙所 (超厳戒態勢および厳戒態勢共通)
 喫煙所は設置しません。


8.入場待機列の場所取りについて (超厳戒態勢および厳戒態勢共通)
 ①前日の場所取り(テープ貼り)は不可とします。
 ②試合当日のキックオフ5時間前より場所取り(テープ貼り)を可として列整理を実施いたします。
 ③密集、密接とならないよう、テープは1人6枚まで貼れることとし、1枚あたりの上限を1名とします。さらに、テープとテープの間は1mの間隔をあけて貼ってください。

 ④入場時間直前の列整理は一般開門の15分前に行ないますので、それまでに列へお戻りください。
 ※テープは自己管理となります。テープの破損・紛失は負えませんので、各自管理して頂きますようご協力をお願い致します。
 ※テープを貼る際には、剥がした後の糊(ノリ)など残ることのないようにしてください。また、ご自身で貼られたテープは各自お持ち帰りください。
 ※無人のテープは発見しだい撤去させていただきます。
 ※小瀬スポーツ公園内での泊り込みはご遠慮ください。


入場待機列の形成場所は下図よりご確認ください。
(1)超厳戒態勢時
photo

(2)厳戒態勢時
photo


9.ご来場時のお願い (超厳戒態勢および厳戒態勢共通)
(1)無理な来場は、勇気をもって、見合わせてください
 ・体調がよくない場合(例:発熱、咳、喉の痛み、だるさ、味覚嗅覚の異常などの症状がある場合)
 ・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合
 ・過去 14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合

(2)入場ゲートで体温を測定し、37.5 度以上の場合は入場できませんので、あらかじめご了承ください。入場をお断りする際にお客様のご連絡先を確認させていただきます。

(3)スタジアムではマスクを着用してください。熱中症対策でマスクを外す場合は、社会的距離(2m。最低 1m)、咳エチケットに十分配慮ください。

(4)スタジアムでのマスクの配布はございませんので、各自ご準備ください。

(5)スタジアムでは、社会的距離(できるだけ2m。最低 1m)を確保するようにしてください。(入退場時、トイレの列など)

(6)手洗い、手指消毒をこまめに行うようにしてください。

(7)観戦時は、座席(立見席・芝生席等含む)から移動することを禁止とします。(間隔を空けずに隣に座る、スタンド前方へ移動して選手に声をかける等)

(8)移動することによる感染拡大リスクを鑑み、超厳戒態勢期間においてアウェイゲームの観戦はお控えください。それに伴いビジター席の設置はございません。

(9)アウェイチームのユニフォーム・グッズを着用しての入場・観戦はできませんので、あらかじめご了承ください。
 ※(9)は超厳戒態勢時のみ適用されます。

(10) スタジアムの外でも、社会的距離(できるだけ 2m、 最低1m)を確保することはもとより、大声での発声、歌唱や声援、密集等の感染リスクのある行動を回避してください。


10.応援スタイルについて (超厳戒態勢および厳戒態勢共通)
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、サポーターの皆さまのご理解とご協力が必要となります。

(1)容認される行為
 ・横断幕掲出
  ※掲出の際、密集、密接とならないよう十分配慮してください。
  ※超厳戒態勢時においては、ビジタークラブの横断幕は掲出する事はできませんので、予めご了承ください。

(2)禁止される行為
 ・応援を扇動する
 ・歌を歌うなど声を出しての応援、指笛
 ・手拍子
 ・タオルマフラー、大旗含むフラッグなどを”振る”もしくは”回す”
 ・トラメガを含むメガホンの使用
 ・太鼓等の鳴り物
 ・ハイタッチ、肩組み
 ・ビッグフラッグ


11.スタジアムアクセス (超厳戒態勢および厳戒態勢共通)
(1)シャトルバス
 通常通り運行します。(甲府駅南口~中銀スタジアム 約30分)
 往路/甲府駅→中銀スタジアム 試合3時間30分前から約15分間隔で運行してます。
 乗り場/甲府駅前南口より山梨交通バス(2番乗り場)「小瀬スポーツ公園行き」シャトルバス

 復路/中銀スタジアム→甲府駅 試合終了後は約1時間程度運行しております。
 乗り場/小瀬スポーツ公園第4駐車場

 運賃
 <片道> 大人370円 小人190円
 <往復> 大人530円 小人270円

 ・甲府駅南口のりばの詳細はこちら
 ・シャトルバスの詳細はこちら

(2)タクシー
 甲府駅-小瀬スポーツ公園間を定額2,160円にて運行します。(甲府駅南口~中銀スタジアム 約20分)
 ※超厳戒態勢時は小瀬スポーツ公園内にタクシー乗場の設置はありません。
  よって、お帰りの際にタクシーをご利用頂く場合、ご自身でタクシーを呼んでいただきますよう、ご協力をお願いします。

 運賃
 [普通車] 片道 2,160円
 ※身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は、ご提示して頂きますと下記の料金で乗車できます。
 [普通車] 片道 1,940円
 ※小瀬スポーツ公園内のタクシー発着所は、「小瀬第1駐車場」となります。
 ※乗車の際に「ヴァンフォーレ甲府の試合に向かう」旨をお申し出ください。