ヴァンフォーレ日記

明治安田生命J2リーグ 第6節 ファジアーノ岡山戦

2019.03.30(土)
 本日は、 明治安田生命J2リーグ 第6節 ファジアーノ岡山戦
photo

■スターティングメンバー
photo

■試合
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
■試合結果
 甲府1(0-0/1-1)1岡山
 得点者:佐藤洸一選手

■伊藤彰監督コメント
photo
 岡山という遠い所までファン・サポーターの皆さんが応援に来てくださったのに勝点3はプレゼントできませんでしたが、最後追い付くことができたことはよかったと思います。

 内容的には最初に岡山のプレッシャーを受けてしまいました。相手のアグレッシブな前線のプレッシャーとセカンドボールとロングボールで後手に回り、我々は想定内でゲームを進めていたが、前半に危ないところもあったし、お互いに苦しい時間があった中で後半最初のビッグチャンスにバホスが決めてくれていればよかったなと思います。
 そうなっていたらあのCKもなかったと思います。あの時間帯にセットプレーでやられたということと、チームとしてセットプレーには一番気をつけないと…という中でゲームに入ったのにやられたのは今後積み上げていかないといけない修正点です。

 選手たちは最後になりふり構わず点を取りに行ってくれました。4バックにして前の人数を増やして佐藤洸一が決めてくれましたし、まだまだ完成度は低いですが、最後のところでパワーを使えるというところはチームとしても自信を持って次に繋げていかないといけないと思います。