プレスリリース

「Vドリームシート」継続のお知らせ

2018.03.02(金)
 昨シーズンも実施した、山梨県ボランティア協会を通じ「山梨県父子家庭の会」、「障害児の家族会」の子どもたちをホームゲームにご招待する「Vドリームシート」を、今シーズンも継続して実施しますので下記の通りお知らせいたします。



名称:
 「Vドリームシート」
 ヴァンフォーレ甲府の試合観戦を通じてサッカー・スポーツの楽しさを体感してほしいという願いを込めて設置しています。このシートは佐久間副社長兼ゼネラルマネージャーが、山梨県内において社会・地域貢献をすることができればとの想いから、2009シーズンより10年間継続して行っている活動であります。今シーズンも子供達に夢・希望を与え、共に勝利を目指し戦おうという想いがこもっています。吉田監督のもと、1年でのJ1復帰を「完遂」するために、スタジアムで応援していただきたいので、ぜひ多くの方にご活用していただければと願っております。
 「Vドリーム」の「V」は、「Ventforet」と「Victory」の頭文字を取り、「ドリーム」には夢を与えられるようにとの想いを込めました。

対象試合:2018ヴァンフォーレ甲府ホームゲーム全24試合(ルヴァンカップ グループステージ含む)

席種:バック指定席 各試合10席

チケット贈呈先:山梨県父子家庭の会・障害児の家族会(山梨県ボランティア協会を通じてお渡しいただきます)