ニュースリリース

2019 応援ありがとうございました。プレーオフ3連勝を目指します!

2019.11.25(月)
 サポーターの皆様、スポンサーの皆様、そしてヴァンフォーレ甲府を愛して下さるすべての皆様、2019シーズンのご支援、ご声援ありがとうございました。

 昨年に続きJ2での戦いとなった今シーズン、ヴァンフォーレは「熱くなれ」をクラブスローガンに、J1復帰を目標に掲げ、2月24日の開幕戦から11月24日の最終戦まで約9カ月間、42試合に及ぶ長丁場のリーグ戦を戦ってきました。この結果、最終の第42節終了時点で20勝11分け11敗、勝ち点71の5位となり、自動昇格こそならなかったものの3~6位の4チームでJ1昇格を争うプレーオフに進出することができました。

 リーグ戦を振り返ると、昨シーズンはヘッドコーチだった伊藤彰氏を監督に昇格させて指揮を委ねました。序盤戦から前半戦にかけては今季から加わったピーター・ウタカ選手を中心とする攻撃力、得点力を発揮し、良いスタートが切れました。その後は先取点が取れた試合は多くを勝ちに結びつけられたものの、逆に先制されるとなかなか勝てないなど、攻撃と守備のバランスを取るのに苦しんで安定した戦いができない時期もありました。終盤に入り攻守がかみ合って勝ち点を重ね、最後は4連勝してプレーオフ圏に食い込むことができました。今季のJ2は例年にも増して大混戦でしたが、途中、自動昇格圏を目前にした試合を落としたことで、最大の目標だった2位以内の自動昇格には届きませんでした。

 12月1日からJ1昇格をかけたプレーオフが始まります。初戦はリーグ戦4位の徳島ヴォルティスと戦います。それに勝てば大宮アルディージャ(3位)対モンテディオ山形(6位)の勝者と8日に戦い、勝てば最後はJ1の16位との入れ替え戦を14日に戦います。

 ヴァンフォーレ甲府はJリーグを代表する市民クラブです。その誇りを持って監督、選手、コーチングスタッフ、そしてフロントスタッフも一体となってプレーオフにのぞみ、念願のJ1昇格を果たしたいと思います。

 どうぞ皆さん、2019シーズン、ヴァンフォーレ甲府の最後の戦いに熱いご支援をお願いいたします。

2019年11月25日

(株)ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ社長 藤原 弘