試合速報

2018JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第1節

試合開始日時 2018年03月07日(水)  19:03
天候
試合会場 山梨中銀スタジアム
ピッチ 全面良芝:乾燥
入場者数 3,436人
気温/湿度 8.4℃/51.0%
主審 家本政明 副審 村上孝治
副審 熊谷幸剛 追加副審 今村義朗
追加副審 榎本一慶 第4の審判 堀越雅弘
   

27

ヴァンフォーレ甲府

試合終了

3 2 前半 0 0
1 後半 0

Hokkaido

北海道コンサドーレ札幌

33分 森 晃太
34分 ジュニオール バホス
52分 ジュニオール バホス
得点
18 シュート 8
9 ゴールキック 8
5 コーナーキック 2
14 直接フリーキック 10
3 間接フリーキック 2
3 オフサイド 2
0 PK 0
位置 番号 選手 SH メンバー 位置 番号 選手 SH
GK 23 岡 大生 0 先発 GK 1 菅野 孝憲 0
DF 28 橋爪 勇樹 0 DF 2 横山 知伸 0
DF 22 小出 悠太 1 DF 17 稲本 潤一 0
DF 34 今津 佑太 0 DF 32 石川 直樹 0
MF 18 道渕 諒平 1 MF 26 早坂 良太 1
MF 27 阿部 翔平 0 MF 40 藤村 怜 0
MF 5 窪田 良 1 MF 44 小野 伸二 0
MF 35 高野 遼 0 MF 3 田中 雄大 0
FW 25 森 晃太 5 MF 31 宮吉 拓実 0
FW 13 太田 修介 3 MF 13 内村 圭宏 0
FW 29 ジュニオール バホス 5 FW 9 都倉 賢 3
GK 31 岡西 宏祐 0 控え GK 21 阿波加 俊太 0
DF 32 入間川 景太 0 DF 37 濱 大耀 0
MF 21 荒木 翔 1 MF 19 白井 康介 0
MF 24 曽根田 穣 0 MF 27 荒野 拓馬 2
FW 7 堀米 勇輝 0 FW 11 ヘイス 2
FW 14 田中 佑昌 1
FW 17 金園 英学 0
吉田 達磨 監督 ペトロヴィッチ
46分 高野 遼 → 田中 佑昌
68分 窪田 良 → 荒木 翔
75分 ジュニオール バホス → 曽根田 穣
交代
46分 稲本 潤一 → ヘイス
46分 田中 雄大 → 白井 康介
46分 小野 伸二 → 荒野 拓馬
警告・退場
38分 イエローカード 田中 雄大
61分 イエローカード 横山 知伸
88分 イエローカード 白井 康介

監督ハーフタイムコメント

「前半、アグレッシブに戦えている。このまま続けよう。」
「2-0でもとにかくしっかりプレーすること。バラバラにならずに絶対に勝つぞ!」

試合総評

YBCルヴァンカップGS第1節 『 甲府 3-0 札幌 』


『 ルヴァンカップ初戦に勝利 リーグ戦につなげよう 』

 J2が開幕して2試合を消化し、甲府は1分1敗とまだ勝ち星がない中ルヴァンカップを迎える。

 J2に降格した上位2チームの甲府と新潟がカップ戦を戦う。この2チームの試合数は年間50前後となり、他チームに比べ日程的な負担になるが、試合数が増えることを前向きにとらえたい。

 リーグ戦に出ていない選手や若手選手にとってカップ戦は、自身をアピールする絶好のチャンスとなる。

 対戦相手の札幌は、今季ペドロヴィッチ監督に代わり、さらに攻撃的なサッカーを目指している。昨季J1で甲府は札幌に1勝1分と勝ち越している。

 去年の勢いを持って札幌に向かって行けば、決して勝てない相手ではない。キャンプから積み上げてきた力を発揮し、勝利をつかんでほしい。

 その結果がチーム内を活性化し、リーグ戦での勝利に必ずつながるはずだ。

◆ ◇ ◆

 午後7時、肌寒い中でのキックオフ。開始早々、Jリーグ経験の少ない甲府の若い選手たちがピッチ上を躍動する。

 前半2分、太田選手がエリア内からシュートするも、ボールは枠の上へ。

 前半4分、バホス選手のシュートは相手GKがキャッチ。

 前半5分、道渕選手のヘディングシュートはGKの正面へ。

 前半7分、窪田選手のボレーシュートは枠の上。

 前半8分、バホス選手のシュートは今度もGKがセーブ。なかなかシュートは決まらないが、甲府は立ち上がりから次々とゴールを狙い、得点の気配は十分。

 そして前半33分、右サイドでバホス選手からゴール前の森選手に渡って、相手GKをかわしてシュート。ネットを揺らしてゴール。森選手のプロ初ゴールで甲府1-0札幌に。

 さらにその1分後、相手のボールを奪った窪田選手が左サイドの太田選手へパス。太田選手は右に回してバホス選手へ。バホス選手が慎重に押し込んで貴重な2点目。


※この続きは、VFK公式モバイルサイトの各試合『試合総評』メニュー(有料)をご覧ください。
 ご加入方法はこちらです。