試合速報

2017明治安田生命J1リーグ 第27節

試合開始日時 2017年09月23日(土)  18:03
天候
試合会場 山梨中銀スタジアム
ピッチ 全面良芝:乾燥
入場者数 12,049人
気温/湿度 24.1℃/68.0%
主審 家本政明 副審 相樂 亨
副審 西橋 勲 第4の審判 木川田博信

27

ヴァンフォーレ甲府

試合終了

3 1 前半 0 2
2 後半 2

8

横浜F・マリノス

11分 ドゥドゥ
49分 ドゥドゥ
81分 リンス
得点
58分 ウーゴ ヴィエイラ
90分+5 イッペイ シノヅカ
7 シュート 14
14 ゴールキック 2
2 コーナーキック 5
5 直接フリーキック 17
2 間接フリーキック 2
2 オフサイド 1
1 PK 0
位置 番号 選手 SH メンバー 位置 番号 選手 SH
GK 1 河田 晃兵 累積イエローカード 0 先発 GK 21 飯倉 大樹 累積イエローカード 0
DF 5 新里 亮 累積イエローカード 0 DF 13 金井 貢史 累積イエローカード 0
DF 2 島川 俊郎 0 DF 22 中澤 佑二 1
DF 6 エデル リマ 1 DF 34 ミロシュ デゲネク 0
MF 22 小出 悠太 0 DF 24 山中 亮輔 累積イエローカード 0
MF 40 小椋 祥平 累積イエローカード 2 MF 8 中町 公祐 累積イエローカード 1
MF 8 新井 涼平 累積イエローカード 0 MF 6 扇原 貴宏 累積イエローカード 0
MF 14 田中 佑昌 0 MF 20 マルティノス 累積イエローカード 2
MF 27 阿部 翔平 累積イエローカード 0 MF 14 天野 純 累積イエローカード 3
FW 39 リンス 2 MF 10 齋藤 学 累積イエローカード 0
FW 10 ドゥドゥ 2 FW 7 ウーゴ ヴィエイラ 累積イエローカード 5
GK 23 岡 大生 累積イエローカード 0 控え GK 31 杉本 大地 0
DF 3 畑尾 大翔 累積イエローカード 0 DF 2 パク ジョンス 0
DF 4 山本 英臣 累積イエローカード 0 DF 27 松原 健 累積イエローカード 1
MF 15 兵働 昭弘 累積イエローカード 0 MF 5 喜田 拓也 累積イエローカード 0
MF 16 松橋 優 0 MF 37 イッペイ シノヅカ 1
FW 11 堀米 勇輝 累積イエローカード 0 MF 25 前田 直輝 0
FW 29 ビリー 0 FW 17 富樫 敬真 0
吉田 達磨 監督 エリク モンバエルツ
54分 阿部 翔平 → 松橋 優
74分 島川 俊郎 → 畑尾 大翔
90分 リンス → 堀米 勇輝
交代
16分 金井 貢史 → 松原 健
52分 ミロシュ デゲネク → パク ジョンス
72分 齋藤 学 → イッペイ シノヅカ
90分+5 イエローカード ドゥドゥ
警告・退場
35分 イエローカード ミロシュ デゲネク

監督ハーフタイムコメント

「勝っているのは俺たちだ。残り5分みたいなサッカーをするな。」
「一つ目のパスをとにかく大事にすること。」
「俺たちに一番必要なことは落ち着いてプレーしていくこと。みんなで戦って勝ちに行くぞ!」

試合総評

明治安田生命J1第27節 『 甲府 3-2 横浜FM 』


『 強敵に勝利。次も自信を持って戦おう 』

 前節の鳥栖戦で、先制しながら後半に追いつかれ、試合終了直前に逆転されてJ2降格圏内に転落した甲府(4勝9分13敗 16位)は、残留をめざして横浜FM(14勝6分6敗 5位)とホームで対戦する。

 甲府は第20節でG大阪に勝って以来6試合勝ちがない(2分4敗)。一方の横浜FMは第24節まで14試合負けがない(10勝4分)。その後は川崎に0-3、前節は柏に1-1で引き分けた。

 星勘定では甲府の分が悪いが、甲府は新加入のリンス選手が広島戦でデビューして以来、4試合で2ゴールを挙げ、期待通りの活躍を見せている。

 また甲府は第24節の川崎戦、続く清水戦と相手を大きく上回る数のシュートを放っていて、前節の鳥栖戦を含め内容的には決して悪くない。今季の前半戦よりずっと「進化」している。

 一方の横浜FMはこのところ1分1敗とやや調子を落としている。さらに20日の天皇杯は勝ったものの、広島相手に延長戦で120分の死闘を繰り広げている。中2日での甲府戦はコンディションが気になるところだ。

 前期の試合は0-1で甲府が惜敗している。前半終了間際に相手のFKから失点している。内容的には互角だったが、セットプレーから一瞬の隙を突かれた。

 今節も攻守ともにセットプレーが大きなカギを握りそうだ。横浜FMがボールを支配する時間帯が多くなりそうだが、甲府は堅い守りからのカウンターも狙いたい。
 
 甲府は新加入のビリー選手もベンチ入りした。身長188センチの大型FWだ。ビリー選手が出場する機会があれば、彼の高さに大いに期待したい。

◆ ◇ ◆

 前半11分、甲府はドゥドゥ選手からパスを受けたリンス選手がシュート。これは惜しくもゴールポストを直撃。跳ね返りをゴール前に詰めていたドゥドゥ選手が右足で押し込んでゴール。甲府は幸先よく先制点を挙げる。

 前半23分と27分には横浜FMのマルティノス選手がゴール前に切り込んでシュートを放つが、いずれも甲府のGK河田選手にキャッチされる。前半は1-0と甲府がリードして終了。



※この続きは、VFK公式モバイルサイトの各試合『試合総評』メニュー(有料)をご覧ください。
 ご加入方法はこちらです。